親族が亡くなったらどうしますか?

親族が亡くなった場合どうしますか?お墓を作らないという選択肢もあります。 - 「お墓を作らない」という選択

「お墓を作らない」という選択

現在は、「最後の居場所」に対する考え方も多様化してきました。もっと自由に、もっと自分好みに、もっと便利に、「最後の居場所」を選びたい、と考える人が増えたからかもしれません。
そのような考え方の一つとして、「お墓を作らない」というものがあります。
今回の記事では、この考え方についてみていきましょう。

墓を作らない、ということ

「お墓を作る」ということには、
・墓石を選んで
・土地を決め
・そこに建設してもらって
・納めるための法要を行う
などの手順が必要です。
hnghytytd
墓の購入(墓地代を含む)には、100万円〜200万円からの費用がかかると言われており、決して安いものではありません。

お墓を持たないという選択肢を選ぶときの方法

また、現実問題として、「子孫がすべて県外にでている」「子どもがそもそもいない」という場合には、墓を維持することも難しいかと思われます。
nghntddt
ご自身の意思として、冷たい墓石は使用したくない、という人もいるでしょう。
そのようなさまざまな事情により、「お墓をもたない」という選択肢をとった場合、どのような弔い方があるのでしょうか。
代表的なものは、以下のような形です。
・散骨
・納骨堂を利用する
・合祀墓を希望する
・樹木葬など
ただし、このような選択肢をとった場合でも、必ず「費用」は発生します。また、実のところ、一般的な墓を建てるよりも制約が多くなることもあり、検討には慎重さが必要だということは忘れてはいけません。
「お墓にも流行がある」と聞くと、多くの人が驚くと思います。今回は、この「流行」についてみていきましょう。

マンガに出てくるような「お墓」はもう古い!

「お墓」という単語を耳にすれば、「四角くて、目の前に線香立てがあり、○○家代々の墓と刻まれている」というのを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。マンガやドラマにでてくるお墓の多くはこの形です。
ただ昨今、このコモンセンスは崩れつつあります。というのも、現在では、「その人らしいお墓を作る」という考え方が主流になっているからです。
このような「コモンセンス」にのっとって作られたお墓というのは、実は現在の新規発注の割合から見れば40パーセント程度にとどまっています。

それ以外を占める「お墓の流行」

洋風の墓やデザイン墓と呼ばれるものが、現在では50パーセントを超えています。上部がゆるやかな曲線を描いているものや、故人の愛した言葉が刻まれているもの、花などをあしらったデザインの墓などは、今では珍しいものではありません。
故人が愛したもの、故人が生前に希望していたものを取り入れたデザインが今の流行であり、生前に買い求める人も多くいます。
墓地というのは、人間にとって、「最後の居場所」です。もちろん、古来ゆかしい形を否定することはできませんが、最後の住処を、自分好みに(あるいは家族好みに)カスタマイズしていく、という方式は、今後広まり続けるでしょう。
お墓や霊園選びでお困りの方は、霊園選びに役立つサイトをご覧ください。きっと参考になるでしょう。